“電子を使ったパーツで様々な機能を実現したり、通信や計測などに応用するエレクトロニクスは、現代人にとってなくてはならない科学技術です。日本語だと電子工学と略されることからも、電気を使った重要な技術ということは、全くの初心者でも想像できるはずです。エレクトロニクスは様々な分野で応用されていますし、今も複雑に進化を続けているので、全容を把握するだけでも大変です。

しかし、誰もが日々恩恵を受けている技術ですから、学んで基礎を理解したり、自分で考えて取り組んでみる価値があります。初心者が学んでみたい場合は、初歩をまとめた書籍を手に取ってみたり、ネットの講座に目を通してみるのがおすすめです。書籍は体系的にまとめられているので、基礎をまとめたものなら理解しやすく、段階的に学ぶことができるでしょう。

一方、ネットは気軽に目を通すことができますし、無料で提供している情報源も少なくないので、より多くの人の学ぶチャンスとなります。内容の正確性でいえば書籍に軍配があがりますし、自分が知りたいことがまとめられているか分かりやすいので、おすすめ度は書籍の方が上回ります。他にも、エレクトロニクスを専門的に取り扱う学校に通ったり、詳しい人から学ぶ方法もあります。学校はお金と時間を要しますから、本気で学ぶつもりでなければハードルが高く、初心者にとって決して簡単に選べるものではないです。詳しい人は、身近にいなければそもそも学ぶチャンスがありませんから、これも人によって難易度が大きく変わることになります。もし、細分化されている分野の中で学びたいものがあるならば、エレクトロニクスの基礎の基礎を飛ばして、その分野を初歩から選択肢もあります。基礎の理解は後回しになりますが、学ぶ意欲をモチベーションにかえられるので、いきなり挑戦してみるのもありです。

ここでもやはり誰にどう学ぶかが重要な鍵を握るので、初心者の前に高い壁が立ちはだかります。英語が理解できる人であれば、日本語に限定するよりも多くの情報に触れられる、海外のエレクトロニクス情報に目を向ける方法が選べます。英語の資料は数が膨大ですし、初心者向けのものも充実しているので、独学で学びたい人に適した学習方法となるでしょう。ただ、多くの日本人には英語もネックですから、書籍やネットの講座に動画サイトなどを併用して、トータルで少しずつ学んでいくのが賢明だと思われます。

将来的にこの道に進む希望があるのなら、学校が最有力の選択肢になるので、学びやすく将来性のある学校を選べば、悩みを解消して学習に取り組むことができるでしょう。”